銀行で気軽に10万円を借りる方法を知る

銀行で資金使途を限定されずにお金を借りる方法として、気軽なのはカードローンです。
カードローンは収入や勤務先等を審査して、申込者ごとに利用限度額を定め、その範囲内であればカードを使ってATMで何度でも借り入れができるという仕組みのローンです。
たとえば、利用限度額が30万円と定められれば、10万円を気軽に引き出せるうえ、同じ金額をあと2回借りることが可能です。
多くの銀行で、利用限度額の最低ラインが10万円であるため、審査さえ通れば借り入れが可能となります。
では審査が通るにはどのような条件が必要かといえば、これも銀行ごとに異なりますが、一般的には次のような条件が求められます。
20歳以上であること、定職につき安定した継続収入が見込めることが最低限必要になります。
なお、この金額を借りるための年収の最低ラインはおよそ50万円以上あることが求められます。
もっとも、収入がない専業主婦の場合、配偶者が安定した継続収入があれば、申込むことが可能です。
この点、貸金業者では年収の3分の1を超える借入はできないという総量規制があるため、専業主婦が借りるのは難しいのが通常です。
ですが、総量規制が適用されない金融機関なら、専業主婦であっても借りられる可能性があるのです。
ただし、多くは条件がついていて、10万借りるまでといった少額の利用限度額に限って利用を認めています。
逆に言えば、専業主婦であっても、この金額なら借りられる可能性があるのです。

line